どんな製品を選択すれば良いのか

間違って買わないように

便器ごと変えよう

一体型になっている、温水洗浄便座もあります。
それに変更したい時は、便器も一緒に変えなければいけないと覚えておきましょう。
古くなった便器を新しくできるので、温水洗浄便座を取り付ける際に一緒に変える人が増えています。
ただこの場合は大掛かりなリフォームが必要になるので、費用も高額になります。

10万円から20万円ぐらいの費用が掛かることが多いので、予算をしっかり考えてください。
様々な業者を比較することで、安くトイレのリフォームを受け付けてくれるところが見つかるかもしれません。
ショールームに行って、どのようなトイレに生まれ変わらせることができるのか自分の目で確認するのがおすすめです。
それから、依頼する業者を決めましょう。

便座だけ変更する場合

まだ便器が古くないので、今回は便座だけ変更したいと考えている人が見られます。
しかし販売されている温水洗浄便座には、サイズが異なる製品が多いので注意してください。
きちんと、自宅の便座に合うサイズを買わなければいけません。
大きいサイズを買ってしまうと、うまくフィットしないのですぐに外れてしまいます。

逆に小さいサイズの温水洗浄便座を無理に便座にはめ込もうとすると、壊れる危険性があるので絶対にしないでください。
結局使えないので、もう1回買いに行く手間も費用も掛かります。
最初から、ふさわしいサイズの温水洗浄便座を買いましょう。
便座の大きさを計測していれば、間違える心配はありません。
準備をしてから、買いに行ってください。


TOPへ戻る