トイレに温水洗浄便座を設置する際に注意すべきポイント

どんな製品を選択すれば良いのか

PICK UP!

間違って買わないように

自宅のトイレに合う、温水洗浄便座を購入してください、 便器が古くなっていないかも、事前に調べておきましょう。 それによって、どのようなタイプの温水洗浄便座を買えば良いのか決まります。 無駄な出費が発生しないように、便座だけ変える場合はサイズを間違えないでください。

PICK UP!

機能が豊富な温水洗浄便座

せっかく新しくするなら、たくさん便利な機能が備わっていた方が良いでしょう。 買う前に、機能性も調べてください。 脱臭や抗菌などの機能が備わっていれば、快適にトイレを使用できますし掃除の手間も省けます。 返品できないことが多いので、よく考えましょう。

どのようなタイプが良いのか

温水洗浄便座を変える際は、2種類があることを理解しましょう。
1つは、便座に一体化しているタイプです。
便器が古くなっている場合は、それごと新しい製品に変更しても良いでしょう。
もう1つは、便座だけ変更するタイプになります。
便器はそれほど汚れたり古くなったりしていない場合は、便座だけ変えてください。
サイズを間違えないように、よく確認することがポイントです。
異なったサイズの温水洗浄便座を買ってしまうと、費用の無駄になるので注意してください。

どんな機能が備わっている、温水洗浄便座なのか買う前にチェックすることも忘れないでください。
便座に脱臭機能が備わっていれば、用を足した後の臭いも気にならないのでおすすめです。
また、抗菌機能も備わっていると良いですね。
便器内は、バイ菌が発生しやすい場所です。
定期的に掃除をしないと、すぐ汚くなってしまうでしょう。
しかし抗菌機能が付いていれば、自分がわざわざ掃除しなくても綺麗な状態を維持できるのでおすすめです。

温水洗浄便座を取りつける際は、コンセントがあるか確認してください。
電気を使うものなので、コンセントが絶対必要になります。
トイレ内にコンセントがなかった場合は、電気工事を行ってください。
またコンセントがあっても、遠くて届かなかった際も電気工事尾を行った方が良いでしょう。
延長コードでは、漏電などの危険があるのでおすすめできません。
ボタンのタイプも、確認しておきましょう。

電気を使うものだと知る

温水洗浄便座を使うためには、電気が必要です。 必ずコンセントがあるか、確認してから購入してください。 トイレ内にコンセントがない場合は、電気工事を行ってから温水洗浄便座を取り付ける流れになります。 また、リモコンがどこにあるのかも確認しておきましょう。

TOPへ戻る